お気に入りの財布を探そう!
 

お気に入りの財布を探そう!

気に入って財布を買ったつもりなのに、飽きてしまったり違和感があったり、「こんなつもりじゃなかった」ということはありませんか?失敗する原因には、自分の求める使い方と財布が合っていないことが挙げられます。

財布はどんなところで売っているの?

財布はデパートやブランドや各素材の専門店、セレクトショップやブランド直営店などいろいろな店で売られています。特定のブランドを扱うお店や皮革工芸店が何か専門としているお店だとしたら、デパートやスーパーは人気の商品を広く浅く扱うお店だといって良いでしょう。

どんなお店で購入するかですが、たとえばお店によっては修理やメンテナンスをしてくれます。けれど自分のお店の商品やブランド品以外は修理してくれない場合もあれば保証期間も異なります。そういったアフターケアのことも考えておくと、財布と仲良くつきあうことができるでしょう。

ページのトップへ

財布選びのポイント

財布は、見た目の良さだけでも使い勝手の良さだけでもなかなか満足できないものです。デザインというのは、実用性も見た目の良さも兼ねて機能します。革の風合いが良くて買ってみたけど、お金を取り出しにくくて使いづらい、なんていうことはありませんか?この場合は、素材選びは良かったけど機能性は良くなかったということになります。財布にはその人の性格が表れるといいます。是非じっくりと財布を選んでみてください。

ページのトップへ

本当に良い財布とは?

財布ができるには、デザインがあって素材選びや表現する技術が求められます。質の良い財布を見極めるには、これらをトータルで判断します。

素材の良さ
イメージする財布にぴったりの素材を選んでいるかどうかを判断します。
技術の高さ
イメージする財布を作り上げる、技術を持っているかどうかです。
デザインの良さ
見た目だけでなく、実用的かどうかも判断します。
ページのトップへ

財布を買う前に

財布を買う意志が固まったら、自分なりのチェックポイントを作ってみましょう!このサイトを見る前と後では、何か変わったでしょうか。

素材
革製・布製・ビニール製など。革製だったらどんな革が良いのか。
用途に合った形か。
手触り
適度な硬さか。
色・デザイン
自分に合った色やデザインか。
内部構造
どこに何があるのか、どれだけ収納できるか。
用途
どんな場所で使うのか。
ページのトップへ

これがこだわりの財布選び!

財布の形で選ぶ

財布には長財布や二つ折り財布など、いろいろな種類の財布があります。形によって財布の持ち方が大きく影響してきます。財布の形によってどのようなところに注意をして選んだら良いかも説明しています。

財布の素材で選ぶ

同じ色やデザインでも素材によって雰囲気が変わったり、お手入れ方法も違ったりします。素材によってどのような特徴があるのかを「長持ち度」「手触り度」「お手軽度」として表してみました。

財布の収納力で選ぶ

財布は小分けしたほうが長持ちします。けれどたくさん財布に収納して、1つにして持ち歩きたいという人もいるでしょう。こういった場合の収納力を重視した財布選びについて、財布の種類ごとに解説しています。

財布の機能で選ぶ

実際にカタログを見ただけではわからないような、細かな財布の機能面、携帯性や操作性などに注目してみました。

ページのトップへ