財布ができるまで
 

財布ができるまで

ハンドメイドの革財布はなぜあんなに高いのでしょうか。手作業で作ると、機械で作ったときには出せない味わいがあったり、細部の仕上がりにこだわっているからなんですね。手作業でつくる革財布がどれだけ手間がかかっているか、革財布ができるまでを追ってみましょう。

皮革工場では

タンニンなめしの加工法。タンニンなめしは作業が多く、コストもかかります。けれど、タンニンなめしにすると使い込んだときに味わいが出てきて、革本来の魅力を楽しむことができます。生きた革とは、まだ皮が加工される前から決まってくるんですね。

1. 水洗い
原皮を水洗いします。そのあと、背割りといって、皮を背骨に沿って分割します。
2. 石灰漬
石灰に漬けて皮をふくらませ、毛を抜き取ります。
3. フレッシング
皮の不要物を取り除き、皮の厚みを分割します。
4. なめし加工
タンニン槽に漬けてなめし加工します。タンニン槽はそれぞれ濃度が異なり、順に薄い槽から濃い槽へと漬けます。革の種類、状態、pH値など合わせて漬ける期間を決めます。
5. 塩抜き
塩漬けされた皮を大きな太鼓型の装置で水洗いします。
6. 水絞り
セッターと呼ばれる大きな機械で水分を取り除きます。
7. 選別
皮を等級ごとに選別します。
ページのトップへ

染色工場では

多くの染色作業が機械で行われますが、手作業にこだわった工場もあります。手作業でしか味わえない色があるというのです。

8. 下染め
太鼓の中に革と加脂、染料を入れて下染めします。
9. 水絞り
セッターと呼ばれる大きな機械で水分を取り除きます。
10. 伸ばし
ハンドマシンやハガネという工具を使って、革を均一に伸ばしていきます。
11. 乾燥
強制的に乾燥させる方法と自然乾燥の方法があります。アイロンをかけて革を平らにし、つやを出したり型を押します。
12. 面積計算
坪入れといって革を面積計算機に通し、面積を革に記します。
13. 染色
染色の調合や加工作業などを行います。染料の色がそのまま出るわけではないので、職人のカンによります。機械で吹き付ける方法と手作業で吹き付ける方法があります。
ページのトップへ

革工房では

いよいよ革にデザインを施します。何でもなかった1枚の革が職人の手によって1つの作品となります。

14. 革抜き
革包丁を使ってパーツを切り落とします。最初はざっくり切り落として、後でぴったりの大きさに合わせます。
15. カービング
水を含ませた革に図案を置いて、鉄筆でトレースします。スーベルカッターやスタンピングなどの工具を使って彫っていきます。
16. 縫製・仕上げ
革の厚みを均一にしたり、手作業や機械で縫い合わせたりして仕上げます。
ページのトップへ

革職人によるこだわりの財布作り

革財布の仕上がりの良さを左右する職人の技。職人といっても若手から熟練した職人まで、技術も製作に対する考えも様々です。ここでは、財布にこだわった職人の仕上げ作業に注目してみました。

16-1. 革漉き
完成したときに余計な厚みを持たせないように、革の床面を漉いていきます。専門の業者がいるほど、大切な作業。熟練した職人はコンマmm単位まで漉きを施します。
16-2. 菊寄せ
コーナー部分の余った革を菊の花のように美しく寄せます。この作業が丁寧で美しいのが職人の技です。
16-3. カンナかけ
コバ(切り口)部分にカンナをかけて整えます。
16-4. 目止め
コバ部分に目止め液を塗りこんで磨きをかけます。
16-5. コバ塗り
コバ部分に顔料を塗ってやすりをかけます。この作業を繰り返して、美しいコバ面に仕上げます。
ページのトップへ

良い財布はこうして見分ける!

最後に、お店で革財布を選ぶときのポイントをまとめてみました。革財布を手にとって、どのように作られたのか想像してみてください!

1. 革の手触り、風合い、厚みは適度か?
2. 縫製は細部までしっかりしているか?
3. コバ部分の仕上がりは美しいか?

ページのトップへ