財布自分スタイル
 

財布

今やどこへ行くにも必要となった、財布。財布の種類や機能を知らないと、財布選びに失敗することになります。財布を選ぶことは、自分の持ち方を知ることでもあります。

財布にそこまでこだわるの?と思われるかもしれませんが、毎日持ち歩く財布です。本当に長く使い続けることができる財布を、探してみませんか?

財布は持つ人の性格を表す?

財布は持つ人の性格を表すといいます。同じブランドの財布を持っていても、使う人の使い方によってまったくちがう表情を見せます。何だか生活が殺伐としている人は、自分の財布をチェックしてみてください。

レシートやお札が財布からはみ出していたり、パーツが取れていたり、くったりを越えてぼろぼろになっていませんか?

この機会に財布をメンテナンスしたり買い替えてみましょう。

ページのトップへ

ファッション性と実用性

財布は、お金を入れるために使います。けれど、ただお金を入れるだけでは、財布は使い物になりません。財布は形や素材だけでは分類できない、たくさんの種類があります。ぱっと見て惹かれる財布というのがあります。

自分に合った財布ですから、インスピレーションは大事です。でも実際に使ってみると、「重たい」「使いづらい」「壊れやすい」という不満が出てくるものです。それはただ、財布の機能面を見極められなかっただけなのです。

1人1人に財布の持ち方というのがあります。カバンに入れて持ち歩く人や、小分けして持ち歩く人、自分の財布も持ち方と財布の機能が合っていることが何より大切なんですね。

ページのトップへ

財布の基礎知識

サイフはお金の必要性に応じて誕生し、姿かたちを変えてきました。お金やそれと同じ価値を持つカード類などであふれかえっています。今と昔ではサイフの必要性も変わってきました。

今は単にお金を入れるものではないのです。たくさん物がある時代だからこそサイフで中身を整理整頓したいですね。サイフを持つということについて、歴史や作り方などサイフの基礎知識と共にお話します。

ページのトップへ

お気に入りの財布を探そう!

サイフを選ぶという作業は、自分の行動に合わせたサイフを選ぶということで、とても楽しい作業です。これを知らないでいると、見た目だけにだまされてサイフ選びを失敗することになります。案外長持ちするサイフというのは、機能面で自分に合っている場合が多いものです。ここではサイフの実用性に注目してみました。

ページのトップへ

人気の財布を紹介!

長持ちするサイフ選びのポイントが実用性なら、このサイフにしよう!と決定するのは見た目の良さではないでしょうか。単に流行というだけでなく、作った人の考えが伝わってくるものでなければなりません。また、そんな作り手の意志を感じ取れてこそ、そのサイフを持つことができるのです。

ページのトップへ

財布を使いこなそう!

気に入ったサイフを長く使い続ける方法やサイフの買い替えのタイミングなど、実際にサイフを使ってみると直面する疑問はいっぱいあります。サイフを持つ楽しみだけでなく、使う楽しみも味わってみませんか?これでサイフの使い方がワンランクアップするかもしれませんよ。

ページのトップへ