お気に入りの財布を探そう!
 

お気に入りの財布を探そう!

一口に財布といってもいろいろあります。1つのブランドでもシリーズとしてたくさんの形を出していて、自分が使いやすい財布の形を知らない人なら、どの財布が使いやすいのか迷ってしまいますよね。

お金も小物もたくさん入る、長財布

特徴

長財布は持ち歩くにはかさばるといわれています。でもお札を折らずに入れられるので、その分薄くなるのではないかと思うでしょう。でも実際は、たくさん入れる場所があればあるほど、いろいろなものを入れてしまうので、結果的にかさばってしまうんです。特にカード入れが多ければ多いほど、財布は丸々太ります。

良いところ

長財布の良いところは、二つ折りの財布と違って、お札が入っているところが見えません。二つ折り財布は、たまに商品券などがお札より大きかったり、たくさん入れているうちにはみだしてしまうことがあります。

長財布はその点心配ありません。二つ折りの財布と長財布の両方を使い分けている人もいますね。ブランドの財布の場合、広い面にブランドのロゴがあしらわれています。子供の頃は持たなかった財布というイメージがあって、大人の財布という印象があります。

ページのトップへ

これ1つでどこへでも!二つ折り財布

特徴

二つ折りにすると、お札にくせがついてしまう、人にお札が見えてしまうということがあります。人からお札が見えてしまうのは、札入れ部分がファスナー式になっている財布を選ぶことで回避できます。

良いところ

二つ折り財布のよさは、使いやすい構造にあります。お札はお札、カードはカードというようにパーツが分かれていることが多いです。折りたためて持ち運びがしやすいので、近くまで出かけるときや、小さいバッグを使う人、あれこれ物を持ちたくない人にぴったりです。

ページのトップへ

お嬢さま気分の三つ折り財布

特徴

三つ折り財布というのがあります。コンパクトに三つに折りたためて、その分、たくさんのカード類を収納できます。お札が折れるのが気になる人には向いていません。カード類が多くて現金は持たない、という人に良いかもしれませんね。

持ち運びしやすいという機能の面と、上品な印象を与えるデザインの特徴があります。折りたたみの財布にはバックルやロゴなどの飾りが華やかな財布が多く、特に女性に人気です。

良いところ

お札も小銭もカードも1つにして小さく持ち歩きたい、そんな贅沢な希望にこたえるのが三つ折り財布です。小銭とお札を分けて持ちたくない人や、よく動くから落としやすい人など男性にもおすすめできる財布です。

ページのトップへ

しっかり者になれそう、がま口財布

特徴

がま口財布はお札は折りたたまなければなりませんし、ポイントカードと別々にして持つことになります。大きながま口なら、仕切りがついているものもあります。小銭入れががま口で二つ折りや三つ折りの財布と合体したような財布もあります。

良いところ

がまがえるのように口ががぱっと開きます。底幅が厚いので、たっぷり入ります。お財布のイラストといったら思い浮かぶのが、がま口財布。がま口財布を持っていると、しっかり管理ができそうな気分になりますね。しっかりした止め具と丸いフォルムがかわいいです。最近は口金が目立たないデザインも増えてきています。

ページのトップへ

洗練の極み、札入れ

お札だけを入れる財布です。薄型の財布が多く、折りたたみの長財布やファスナー式など、お札が見えないような設計になっています。札入れを持っている人は、小銭入れも合わせて持っていると見て良いでしょう。

小銭入れはズボンのポケットから、札入れは上着の内ポケットから取り出す姿は大人という感じがします。札入れにはカードを入れる仕切りがあることも多いですが、厚くてかさばる財布なら使い分ける必要がないと思います。

ページのトップへ

身軽になれる、小銭入れ

小銭入れには、手のひらにすっぽりと収まり、どこかおしゃれな印象があります。馬蹄型や長方形などがあります。マチがあって大きく開くタイプと、蓋を開けて小銭が蓋のほうに滑り込むタイプがあります。お札も小銭も入るほかの財布を持つ人にとっては、あまり必要のないものかもしれません。

けれど、「小銭だけを持ち歩ける」という魅力があります。小銭だけを持ち歩きたいとき、大きな財布は必要ありません。一見不便なように見えて便利、身軽になりたい人におすすめの財布です。

ページのトップへ