人気の財布を紹介!
 

人気の財布を紹介!

財布のデザインには実用性とファッション性があります。財布の形選びに失敗しても見た目がよければ何とか我慢できちゃうものです。自分の好きな形の財布、というのがあるかもしれませんが決め手になるのは、その財布を持ちたいか持ちたくないか、ファッション性の部分が大きいのではないでしょうか。

ブランド財布とハンドメイド財布

ブランドのサイフとハンドメイドのサイフは、よく対照的なものをして比較されます。私たちは物を買うとき、その物の雰囲気やブランドのイメージなどから情報を読み取り、商品を買います。

商品がたくさん並んでいたとして、背景やストーリーなど、より情報量が多いほうが頭の中で言語化しやすく、買ってみようという気持ちになります。そういった点では違いはありません。それにハンドメイドのサイフにだってブランド名はあります。一体何が違うのでしょうか。

ブランドサイフの特徴

ブランド品といわれるブランドには、シャネルやルイ・ヴィトンなど世界的に有名で、固定ファンが多いブランドが挙げられます。これらのブランド品を持つことで、自分を表現しようと考える人が多いように感じます。

また、どの商品を見ても同じ位置に同じ模様があり、少しでも違えば規格外となります。そういったことや人と同じ物を持つことで安心感を得るという場合もあります。

ハンドメイドサイフの特徴

ハンドメイドといわれるサイフには、日本では知られていても海外では知られていないブランドがたくさんあります。それは生産量の違いによると考えられます。ハンドメイドといわれるサイフには1点ものも多く、「自分だけのものを持ちたい」「自分だから似合うし、選ぶんだ」という意識があります。

ブランドサイフが人と同じ物を持って調和するのに対し、ハンドメイドは人と違うものを持って個性を主張するという感じがします。どちらにしてもサイフを選ぶという行為には、自分をアピールするという意味合いが含まれているのです。

ページのトップへ

財布を選ぶということ

ブランドのサイフにしても、ハンドメイドのサイフにしても、自分をアピールすることに変わりはないということです。では何をアピールするのかというと、ブランドサイフの場合、ステータスをアピールできます。ブランドの持つイメージを自分の物にすることで、高級感や上品さなどを伝えられるんですね。

ハンドメイドサイフの場合、自分がどんな思考をしているのか、何を選びどう行動するのかといったことを表現できます。ブランドにこだわらずに選ぶことが多いので、ブランド名は後からついてきます。ブランド名が先に来るか、後に来るかと言いかえることもできそうです。

ページのトップへ

自分に合った財布ってどれ?

一生つきあえるような財布が見つかったら、そのときにあった流行を追いかけるのも楽しいかもしれません。まずは自分に合った財布を探してみましょう。

有名ブランドの財布

ブランドの財布は女性用も男性用もたくさんありますが、財布選びでブランドにこだわるのは女性のような気がします。なぜかというと、ブランド財布を持つことで自分をアピールできることをよく知っているからです。人気のブランド財布にはどんなものがあるかを紹介します。プレゼント選びの参考にもどうぞ。

ハンドメイドの財布

最近、ハンドメイドを掲げる財布がたくさん出てきていますね。ハンドメイドが何でもすばらしいのかというと、必ずしもそうとは限りません。ハンドメイドの財布には、1つ1つ手作りのため人件費がかかっています。機械で縫うと見た目はきれいですが、手縫いだと丈夫に仕上がります。

しかし、作る職人の技術は様々です。ですからハンドメイドの高い財布を買うにあたって、値段と商品がつりあっているか?を考えるべきです。高い技術を持つ職人に支払うべきで、本当に上等な財布を見極められたとき、高い満足感が得られるでしょう。

財布で金運が上がる?

数年前、黄色や金色の財布を風水財布といって話題になりました。これも一種のブランドですよね。でも、こういった財布は持ち歩きにくいのが正直なところです。もし、財布で簡単に金運が上がるなら実行してみたいと思いませんか?ここでは、普通の財布でも試せる風水を取り入れた財布選びについて紹介します。

ページのトップへ