財布で金運が上がる?
 

財布で金運が上がる?

財布の選び方ひとつで金運が上がるなら、どんなに楽でしょう。風水では黄色や金色の財布が良いなどといわれています。いろいろ騒がれている風水ですが、風水がどんなもので、財布とどんな関係があるのかをお話したいと思います。

風水って何だろう?

よく風水ではどこに何色が良い、どこに何を置けば良いと紹介されています。全ての人にこれらのことがあてはまるわけではありません。本来風水とは1人1人に合った方角を調べ、気の流れを整えるものです。テレビや雑誌で話題になる風水は、それぞれが編み出した環境を整える開運法です。

掃除をするのも当たり前ですし、快適に過ごそうと考えたら普通に風水でいわれているようなことが行われるのではないでしょうか。色のイメージを取り入れるところなど、快適に過ごす方法としては間違っていません。

ページのトップへ

風水と財布の関係は?

なぜ黄色や金色の財布が良いといわれているのでしょう?金運をつかさどる方位が西で、西と相性が良い色が黄色だからと考えられます。黄色は中国では幸運を呼ぶ色といわれています。しかしこれは方角の話です。風水だからといって黄色や金色なら何でも良いわけではありません。

あるブランドの財布でも金運が高まったという話をきいたことがあります。その財布はきらきらしていて、いろんな色のバリエーションがありました。風水上良いからといって自分に合わない財布を持っても、使いにくいです。自分になじむということが大切なんですね。

ページのトップへ

風水的財布の選び方

ここからは環境を整える開運風水という前提でお話します。素材は革が良いといわれています。布はすぐに汚れてしまいます。形は八角形や馬蹄型、果物の形をしたものが良いそうです。小銭入れでもない限り、探すのは難しそうですね。カード入れはカードが8枚入るものを選びます。8は漢字にすると「八」で末広がりなので、縁起が良い数字です。そのうちの1枚は金色のカードを用意して入れておきます。

ページのトップへ

二つ折り財布より、長財布

二つ折りの財布にお札が入っていると、折りたたむ形になって、お札にとって窮屈なようです。ですからお金に長くいてもらうためには、長財布でのびのびしてもらうのが良いようです。

また、ごちゃごちゃいろんなものを入れる機能がついた財布より、シンプルにお札だけを入れる財布のほうが、金運アップになります。ぎゅうぎゅう・ぱんぱん・ぼろぼろ…そういったものを金運は嫌います。ですから財布はきれいな状態で整頓して、使い分けるのが良いようです。

ページのトップへ

財布の色について

金運が逃げていく色

昔から財布の色は黄色が良いといわれてきました。けれど黄色って目がチカチカして、持ち歩くのにためらう人も多いのではないでしょうか。それに黄色は散在の色でもあります。どちらかというと、お財布の内側が黄色のほうが良いようです。また、赤は金運を燃やし、青は金運を流すので良くない色といわれています。

金運アップの色

では良い色はどんな色が良いのかというと、黒・茶色・黄土色が良いといわれています。 黒は停止のイメージがありますが、維持する意味があります。ですからたくさんお金を呼び込むというよりは、出て行かない効果があるようです。

茶色は大地に根を張り、広がっていくイメージがあります。黄土色は茶色と黄色によって作られる色です。お金を呼び込み、溜め込む効果があるといわれています。
ページのトップへ

色で見る財布の力

黄色
お金が入るのも出て行くのも激しい色です。
黒・茶
金運が安定します。金色の金具がついているものが良いです。
金色
直感が鋭くなって、良い買い物ができます。
出費があっても再びお金を呼び戻します。
衝動買いしたくなる色です。
節約できますが、お金が入ってきません。
ピンク
人間関係を良くし、お金が育ちます。
浪費が減り、お金がたまります。
お金を育てる力があり、常にきれいにしておくことが大切です。
ページのトップへ

風水的財布の購入

財布の購入方法は、

1. 自分の方位を知って吉方位のお店を探す
2. 自分の運気が良いとき
3. ボーナスなど大きなお金が入ってくるとき

に買うのが良いとされています。運の良い人に買ってもらうのも良いそうです。お金の出入りが激しいときは買うのを避けたほうが良いでしょう。

ページのトップへ

財布の使い始め

財布を購入したら、新しいお札をたくさん入れてあげます。ボーナスのときなどお金をたくさん入れておくと、お財布がお金の量をおぼえてくれます。115(いいご縁)の数字のお種銭を入れておきます。次の財布を買うまで使わないようにしてください。

また、銀行のカードやクレジットカードを入れておくのはよくありません。人から人の手へ渡ってきたお金は、厄を落としてから使います。黄色や黄金色の箱にいれて、暗い場所に置いておくと厄落としの効果があります。

ページのトップへ